スポーツジムに通えば保険料が安くなる!その保険に加入することで得られるメリット

屋内運動1

生命保険や健康保険といったものに加入している人は多いでしょう。保険というものは生存確率や病気になる確率を、金銭に置き換えている商品と言えます。

しかし、今までの商品では健康に対する意識が高い人と、低い人の価格設定が同じであるケースが多くなっていました。その問題を改善できたのが運動で保険を安くする商品です。そこで今回は運動を行うことで安くなる保険に加入したときのメリットを紹介していきます。

運動量よって価格が変動する

この保険の場合は健康を意識している人の保険料と、不健康な生活を続けている人の保険料が変わってきます。健康を意識している人は不健康な生活を続けている人よりも、怪我や発病の確立が低いため、安い価格設定になっています。

健康志向の人と不健康な人で価格を変えているが、不健康な人の保険料が変動するケースも考えられます。例えば不健康な人が保険料を安くしたい場合には、日常生活で運動を増やすのが効果的です。日常生活での運動が増えれば、健康への意識が改善されたと判断されるので、価格設定を変えてもらえる可能性が高いでしょう。

この保険のプランを考えると、スポーツジムとの相性が良いと言えます。スポーツジムであれば、ウォーキングやジョギング、ランニングといった屋外でもできる運動だけでなく、トレーニング器具を使った筋力トレーニングが行えます。

筋力トレーニングを行えば、健康的な体を手に入れられる可能性も高いでしょう。スポーツジムでトレーニングを行っていることを申告すれば、より価格設定を下げてもらえるかもしれません。

食生活も改善されやすい

健康志向になることで保険料が安くなることが分かれば、できるだけ健康に繋がる行動を起こしたいと考える人もいるのではないでしょうか。運動以外で健康に繋がる行動と言えるのが、食生活の改善です。食生活を改善することで、病気や怪我のリスクを下げられます。

具体的な食生活の改善策がアルコールを控えることでしょう。飲酒量を減らせば、内臓系の病気へのリスクが少なくなります。他にも肉中心の生活から、食物繊維の摂取を中心とした食生活に変更するのも、健康的な体を手に入れられる方法と言えます。

これらの食生活の改善も保険会社に申告することで、料金プランを変えてもらえる可能性があります。食生活の改善が苦手な人はスポーツジムを利用するのが効果的です。

スポーツジムの利用方法には自分でトレーニングを行う以外に、トレーナーにトレーニングメニューを組んでもらう方法があります。この方法を取れば食事に関するメニューも組んでもらえるので、食生活を変えることができるでしょう。

トレーナーにメニューを組んでもらえば、健康を害することなく、筋力アップやダイエットを行えます。この方法での食生活の変更も保険料を安くする手段の1つです。

健康を意識しやすくなる

この保険に加入することで得られるメリットとして、健康への意識が挙げられます。健康を意識している人も不健康な生活をしている人も、同じ料金プランであった場合は、不健康な生活を行っている人が健康への意識を変えることはないでしょう。

しかし、この保険であれば、健康を意識することで保険料が下がるので、何か健康に繋がることをしてみようと考える人も出てくる可能性があります。この保険では健康を意識するという意思表示を行うだけでも、少しの価格変更が行われるというメリットも得られます。

このことを考えれば、保険会社は健康を意識するだけでも怪我や病気のリスクが下がると判断していると言えます。そのためこの保険に加入していることで、何もしていない人よりも怪我や病気が発生しにくいというメリットもあるでしょう。

ステータスによって割引率が変わってくる

この保険への加入後は健康増進活動が行われるのも特徴的なポイントでしょう。この健康増進活動では4つの項目で健康の度合いをチェックされます。

その4つの項目が「ウェブサイトでのチェック」、「健康診断の受診と結果」、「がんの検診」、「運動」です。この4つの項目での結果によって、ポイントが振り分けられます。このポイントが健康に関するステータスとして表示されて、1年の料金プランでの割引率に影響を及ぼします。

ステータスが高いほど割引率がアップするのが、この保険のメリットと言えます。しかし、ステータスが一定の水準まで到達していないケースでは、保険料がアップしてしまうというデメリットもあります。このシステムを導入することで、高額な割引を狙う人は健康への意識を高めますし、健康への意識が低めの人も値上がりを避けられる程度の努力を行う可能性が高いでしょう。

ステータスを高くしたい場合は運動が効果的だと言えます。4つの項目のうち、運動から得られるポイントが多いからです。特に効率的にポイントが貯められるのは、スポーツジムの利用でしょう。スポーツジムを1回利用するだけで、1万歩以上のウォーキングで得られるポイントと同じだけのポイントが得られます。

スポーツジムではウォーキング以外のトレーニングも行えることが、ポイントの高さに繋がっていると考えられます。

ステータスの制度があることで楽しみながら健康的な活動を行える

この保険の特徴であるステータスの制度は健康を楽しめるというメリットもあります。高齢者は自分の健康状態が気になっている人が多く、健康に対して高い意識を持っているケースが多いです。しかし、若い人は怪我や病気が身近にない可能性が高く、健康への意識が低い人が多い傾向にあります。

この若い人の健康への意識を変えられるのが、ステータスの制度だと言えます。ステータスで今の自分の健康への意識が分かるので、若くても健康は意識しておこうという考えを持つ人が増えるかもしれません。ポイントを貯めることで、自分のステータスが表示されるので、若い人はゲーム感覚で健康を楽しめるというメリットもあるでしょう。

自分のステータスと他の人のステータスを比較することで、競争しながら健康への活動に取り組めるケースもあります。家族全員でこの保険に加入するのも有効な手段と言えます。家族全員で加入することで、ステータスを比較できます。

家族の中で誰が健康への意識が低いかが分かりやすいので、誰を中心にサポートしてあげればよいかが明確になるのもメリットと言えます。会社で健康増進の保険に加入するのも効果的です。会社が加入することで、社員の健康をサポートすることができるでしょう。